施工実績紹介◆夢二通り

大正ロマンの代表的な美人画家・詩人の『竹久夢路』。
皆さまの中にもファンの方が居られるのではないでしょうか?
夢二が描く美人画は『夢二式美人』と呼ばれ、
当時、大変な人気を博していたことはご存知の通りだと思います。
そして、現代でもなお、
お洒落な女性のお手本となっているようです。
大正浪漫の香り漂う着物の着こなしは
今の時代でもモダンで真似したくなりますよね。
いつの時代も夢二の描く女性はどこか儚げで魅了され続けているようです。
そんな竹久夢二がこの北九州市の枝光に住んでいた歴史があるのは
皆さま、ご存知でしょうか?
夢二が16歳の時、
岡山で父が、代々酒造業を営んでいた造り酒屋をたたみ、
操業間近な八幡製鉄所に職を求めたため、
一家で福岡県八幡村(現・北九州市八幡東区)枝光に転居し暮らしていたそうです。
夢二もしばらく製鉄所で働いていたそうです。
そのことを記念し、
旧スペースワールド横の通りを「夢二通り」と命名され、
記念のモニュメントが設置されており、毎年秋には「夢二まつり」が
開催されています。
※今年の「夢二まつり」は9月1日(土)、2日(日)に行われました。

↓↓↓↓↓
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/yahatahigashi/file_0060.html

竹久夢二は今でも地元枝光の方々に愛され続けているようです。
竹久夢二記念碑前④.jpg
施工実績紹介

【竹久夢二通り】

 品名:ニューブリック(豪州産れんが)
色 :クリーム、ヘイズ
寸法:230×114×50mm、230×114×65mm
数量:6,475㎡
竹久夢二記念碑前②.jpg
竹久夢二記念碑前①.jpg
東田ベンチ2.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です